ホーム

お知らせ

 

一般社団法人アミュー

 

私たちの役割

 
一般社団法人アミューは、大阪で障がいを持たれている人たちへの就労移行支援や自立訓練(生活訓練)、そして就労定着支援をおこなっています。
 
自己肯定感を高める支援を軸に、利用者さん一人ひとりと向き合い、就労へのサポートに取り組んでいます。
 
私たちの役割は、利用者さんが自分らしく働き続けられる環境で、やりがいや生きがいを感じ、「人生は楽しい!」と心から思っていただけるサポートを継続していくことです。
 

 

福祉×自己肯定感

 

福祉における
自己肯定感の役割

 
私たちは、自己肯定感が就労において極めて重要な役割を果たすと信じています。
 
自己肯定感と就労、この2つは目指すところが非常に似ており
どちらも、やりがいや生きがい、人生のビジョン、そして働く目的を見つけていき、自分自身を肯定することに深く関連しています。
 
私たちは、それぞれが異なる存在でありながら、相互理解と尊重によって助け合いや思いやりの心が育まれる社会を目指していきます。
 
自己肯定感は主体的な考え方や価値観、積極性、そして責任感を育む基盤となり
これらのチカラは就労においても、極めて重要であり、自律的な成長を促進していきます。
 
アミューのプログラムでは、個々の強みを見つけていき、それを活かすことに重点を置いていて
みなさんが自分自身の価値を再発見し、それを活かして新たな挑戦に取り組んでいくことをサポートしていきます。
 
自己肯定感を高めるということは、自分の弱みを知り、把握していきながらも
自分自身の価値観や考え方を深く知ることから始まります。
 
一人ひとりが異なる存在であることを認識し、それを尊重し合うことで
みんなが自分らしく輝ける社会を築くことができます。
 
アミューでは、みなさんがその第一歩を踏み出していけるようサポートしてまいります。
 

 

 

障がい者雇用をなぜ大切にしているのか

 
アミューが障がい者雇用を大切にしている理由は、インクルージョン社会の実現やSDGsの達成に関わっています。
障がいを持たれている方たちを雇用することで、働き方改革の一環として社会全体が多様性を尊重し公平な環境をつくりだす手助けになると考えています。
 
インクルージョン社会とは、すべての人々がその違いを尊重され、平等に参加できる社会のことをいいます。
障がいの有無に関わらず、すべての人が共に学び、働き、生活する環境を整え活躍できる社会を目指していくことが重要であり、これを実現していくためには、障がい者がその能力を最大限に発揮できる職場環境を提供していくことが不可欠です。
 
障がい者雇用を通じて、職場における多様な視点とスキルが活かされ、組織全体の創造性と生産性が向上します。
また、障がい者が自分の強みを活かし、社会に貢献することで、自尊心や生きがいが高まり、より豊かな生活を送ることができます。
 
さらに、職場での合理的配慮や柔軟な労働時間の調整、スタッフへの意識向上を通じて
すべてのスタッフが障がいについて理解を深め、互いに支え合う文化が醸成されます。
これにより、障がい者が働きやすい環境が整い、すべての人が自分らしく働ける職場が実現していきます。
 
福祉の中での体験や成長、そして失敗もまた重要な権利であり、共生社会の中で、様々な体験をしていただきたいと考えています。
働くということは、障がいの重さではなく、それぞれの強みを活かし
できることをそれぞれがしていくことで、一つの大きなパズルのように成り立ちます。
 
アミューでは、障がい者雇用を通じて、多様な個性やスキルを持つ人々が協力し合い
素晴らしい社会や地域をつくりあげていくことを目指しています。